お問い合わせ お客様の声 サイトマップ
RSS

アシスタントインストラクター

ダイブマスターのワンランク上のプロのダイビングリーダー認定です。PADIアシスタント・インストラクターコースは、PADIインストラクター開発コース(IDC)の最初の一部です。このコースはPADIプロフェッショナルとして経験を得るだけでなく、PADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップでもあります。
週末コース、連続コース等、お好みのスケジュールで受講して下さい♪(最低日数DM→6日間、AI→4日間)
当店でAIを受講された後、OWSIコースをお申し込みいただく場合は宿泊割引となります。
講習料金
\60,000(料金に実習費用は含まれております。)
最低日数4日間(最低日数です受講生の達成度で異なります)
参加条件

・PADIダイブマスター、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されている。
・18歳以上であること。
・ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、
ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
・認定ダイバーになってから6ヶ月以上経っていること。
・過去24ヶ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
・病歴/診断書を提出できる健康な方。

講習内容・IDCナレッジリビュー、規準エグザム、IDCカリキュラム・プレゼンテーションの聴講と知識開発プレゼンテーション
・ダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション
・オープン・ウォーター・講習プレゼンテーション、PADIダイブマスター・コースのレスキュー評価
コース習得後PADIインストラクターの元で、PADIダイバーコースの知識開発部分を実施できる。
PADIインストラクターの元で、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースのトレーニング・ダイブ中にある水面スキルの評価を実施できる。
PADIピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・ダイバーを認定できる。
プロジェクトAWAREスペシャルティ・コースを認定できる。
PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングのプールまたは限定水域ダイブを実施できる。
エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンス・コースを実施できる。
デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・インストラクター・コースを修了すればデジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーコースを実施できる。
注意事項

器材レンタルでのご参加は出来ませんのであらかじめご了承ください。

事前に、病歴の確認をさせていただきます。こちらのメディカルチェック(PDF)をご確認ください。該当がある場合は、医師の診断書が必要となります。該当があり、診断書をお持ちいただけない場合は、参加をお断りさせていただいていますので、ご了承ください。(診断書の作成に関する費用はお客様のご負担でお願いいたします。)

未成年の方は、事前に保護者の許可と署名が必要となります。許可・署名がない場合は、ご参加いただけません。

★講習料金のお支払は現金のみとさせていただいております。

【当センターでの講習を4日間で終えるために、お願いしたいこと】
OW〜DMまでの生徒用教材の知識の復習やクイズをもう一度おさらいしておいて下さい。
学科・規準テスト合格のために、ナレッジワークブックやエンサイクロペディアを活用して完全解答してのご参加をおススメいたします
レスキュースキルの確認を実施してご参加下さい
4日間で終えられない場合は、別途補講が必要になります。その場合の1日あたりの料金は、プール講習16,000円、海洋実習15,000円となります。

ご予約・ご相談はこちらから

万全サポートの安全・安心スクール

コース料金

コース料金に含まれるもの

コース料金に
含まれているもの
海洋/限定水域実習/レスキュー評価時のタンク・施設使用料、ダイビング理論エグザム、
ウェイトレンタル、AIコースに必要なプレゼンテーション
別途必要なもの宿泊食事、伊豆稲取までの交通費、申請料10,500円、PADI年会費、認定後の保険費用、病歴診断書作成費用。器材レンタルでの受講はできませんのでマイギアでご参加ください。
必要教材(PADIダイブマスター認定のある方も教材購入に関しては弊社にご相談下さい)
4日間で終えられない場合は、別途補講が必要になります。その場合の1日あたりの料金は、プール講習15,000円、海洋実習10,000円となります。
OWSIコースはコースディレクターをご紹介させていただき開催を実施しています、費用は4日間125,000円(消費税別途、タンクなどの実習実費は別途/PADI登録料も別途)となっております。

コース内容

必要教材(PADIダイブマスター認定をお持ちの方を対象にしてあります、
他団体認定の方やダイブマスター認定後1年以上経過されている場合は
教材がリニューアルされていますので別途お問合せ下さい)
● PADI ガイド・トゥ・ティーチング(候補正用)
●SP-ガイドライン、ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー
●SP-ガイドライン、プロジェクトAWARE
●SP-ガイドライン、AWARE −サンゴ礁の保護
● レクリエーショナル・ダイブプラナー:RDP テーブルとeRDPML、使用説明書
ダイブコンピューターの使い方・選び方
● オープン・ウォーター・ダイバー・クイズ&エグザム
● レスキュー・ダイバー・ファイナル・エグザム
● ダイブマスター・ファイナル・エグザム
● 水中用キューカード:オープン・ウォーター・ダイバー
● 水中用キューカード:アドベンチャー・イン・ダイビング
● 水中用キューカード:レスキュー・ダイバー
● 水中用キューカード:ディスカバー・スクーバ・ダイビング
● 水中用キューカード:ダイブマスター
● 限定水域レッスン準備スレート
● オープンウォーター・トレーニングダイブ・レッスン計画スレート
推奨教材● PADI プロフェッショナル・ビデオ全種
● PADI ダイバー・ビデオ全種
● PADI スペシャルティ・ダイバー・マニュアル
● レスキュー・ダイバー・コース・レッスンガイド:処方的タイプと通常タイプ
● ダイブマスター・コース・レッスンガイド
● ディスカバー・スクーバ・ダイビング・フリップチャート
● ディスカバー・スクーバ・ダイビング・パンフレット
● スクーバ・チューンナップ・ガイドブック
● スキル評価スレート
● オープン・ウォーター・ダイバー・コース・レッスンガイド:処方的タイプと通常タイプ
● 法律とダイビング・プロフェッショナル
● ベスト・オブ・アンダーシー・ジャーナル
● ビジネス・オブ・ダイビング
● 子供とスクーバダイビング:親とインストラクターのためのノウハウガイド
● AWARE − Our World, Our Water マニュアル:ダウンロードできるデジタルバージョン
● プロジェクトAWARE のダイバーとしての10 のマナー
● Discover the Underwater World ビデオとThe Snorkeler’s Field Guide
● PADI プロ・ログブック
稲取マリンスポーツセンターの万全サポートご予約・お申し込みフォームお問い合わせフォームtel.0557-95-3532 / fax.0557-95-4818