お問い合わせ お客様の声 サイトマップ
RSS

PADIダイブ・マスター

【DM】PADIダイブマスターコース 
【DM】PADIダイブマスターコースプロのダイビングリーダー認定です。
ダイブマスターの中にはダイビングガイドとして働く方や、自分のステップアップの目標地点として仕事にしないまでもダイビングを深く知りたいといった理由で受講される方が多くいらっしゃいます。
トレーニング内容も充実!知識内容も豊富なコースです。
またトレーニングを追加することで、体験ダイビングの一部分を担当することも可能になります。(※賠償責任保険などへの加入必須)
★集中コース・宿泊がお得です!





 ダイブマスターeラーニングで学科講習を終えることが可能です、実技講習に集中したい方にはとてもおススメです。
 
 必要日数   6日間
 (最低日数です、達成度によって変わります)
 参加前条件 PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること
PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること
ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12ヶ月以内)提出
EFR認定が有効期限内であること
ログブックに最小限40回のダイブが完了していること(認定にはナイト、ナビゲーション、ディープの経験を含む60回の潜水が必要です、潜水本数が足りない方へ潜水経験を積めるお得なインターンシッププランもございますのでお問い合わせください)
18歳以上であること
自宅学習を終えてご参加下さい。
サーチ&リカバリーとディープのSP認定がない場合は6日間の日程で終了が出来ません、最低1日の追加講習(20,000円)が必要になります。
スキンダイバー認定を得られる程度のスキンダイビングスキル。
 コース取得後 PADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる
PADIインストラクターとお客様のアシストができる
PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる
PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる
認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる
PADIディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラムを実施できる
エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施できる
PADIディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプール、もしくは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビングを実施できる
※上記全て、新規及び更新手続きを完了し、保険加入をしていることが条件となります。
 注意事項 器材レンタルでのご参加は出来ませんのであらかじめご了承ください。
・事前に、病歴の確認をさせていただきます。こちらのメディカルチェック(PDF)をご確認ください。該当がある場合は、医師の診断書が必要となります。該当があり、診断書をお持ちいただけない場合は、参加をお断りさせていただいていますので、ご了承ください。(診断書の作成に関する費用はお客様のご負担でお願いいたします。)
・未成年の方は、事前に保護者の許可と署名が必要となります。許可・署名がない場合は、ご参加いただけません。

講習料金のお支払は現金のみとさせていただいております。
・すでに講習を終え、認定されたダイブマスターの方が当センターのステップアップコースなどの見学をされる場合は、必要経費だけで見学いただけます。是非、ご自身のスキルアップにお役立て下さい。認定アシスタントとしての参加ではありません。アクティブでなくても、見学はしていただけます。
【当センターでの講習を6日間で終えるために、お願いしたいこと】
・自宅学習部分は全て終えてご参加下さい。
・サーチ&リカバリーとディープのSP認定を取得して下さい。
・学科テスト合格のために、ナレッジワークブックやエンサイクロペディアを活用して完全解答してのご参加をおススメいたします
・スタミナスキル評価の合格の為、十分にトレーニングを積んだ状態でご参加下さい。
・レスキュースキルの確認を実施してご参加下さい
・24スキルの評価合格のために、スキル練習を実施して参加されることをおススメいたします
 万全サポートの安全・安心スクール
 コース料金
 コース料金に含まれるもの
PADIダイブ・マスターコース \78,000
PADIダイブ・マスターコースPADI ダイビングライセンス eラーニング \68,000
 ※講習に必要な費用は含まれております
含む:海洋・限定水域必要経費(シリンダーレンタル他)、学科講習費、ウェイトレンタル(ベルトはご用意ください)。
別途:必要教材費、交通費、宿泊・食事代、申請料20,000円、PADI年会費(認定された場合のみ必要)、病歴診断書を取得費用 、8%消費税
サーチ&リカバリーとディープのスペシャルティ認定がない場合は1日追加となり、別途20,000円が必要となります(いずれか一方の認定がある場合は15,000円必要です)。 
 6日間で終えられない場合は、別途補講が必要になります。その場合の1日あたりの料金は、プール講習18,000円、海洋実習15,000円となります。
 コース内容
 

1.知識開発モジュール(自習、クラスルーム)

  • ナレッジリビューの提出(9項目)
  • エグザム(75%の正解)
  • 緊急アシストプランの作成

2.水中スキルとスタミナ・モジュール

  • 400m水泳(タイム測定)
  • 15分間立ち泳ぎ
  • 800mスノーケル・スイム (タイム測定)
  • 100m疲労ダイバー曳航 (タイム測定)
  • 器材交換(バディブリージングしながら全ての器材をバディで交換)
  • レスキュー評価
    水中意識不明ダイバー・水面器材脱装・水面レスキュー呼吸(ポケットマスク使用)・陸上への引き上げ
  • 24種類のスキル評価(点数による合否判定)
  • 講習中の全てのダイビングにおいて中性浮力やフィンワークなどダイビングスキルを確認しています。

3.実践スキルとワークショップ

  • 器材セッティングと管理
  • 水中地図作成
  • ブリーフィング
  • (サーチ&リカバリーのシナリオ)
  • (ディープダイビングのシナリオ)
  • 限定水域でのスクーバリビュー
  • スキンダイバーコースとスノーケリングの監督
  • DSDプログラム(限定とオプション海洋)
  • ディスカバーローカルダイビング
  • オープン・ウォーター・ダイバー・コースアシスト(限定と海洋)
  • 継続教育ダイバーのアシスタント
  • 認定ダイバー管理
 
 ダイブマスターマニュアル  3,860円  ダイブマスタースレートセット  4,400円
 ダイブマスターDVD  4,800円  インストラクターマニュアル  17,000円
 エンサイクロペディア  13,000円  eRDLML  4,400円
 ナレッジワークブック  3,980円  RDPテーブルタイプ  1,800円
 エデュケーショナルログ  1,030円  DSDキューカード
 ポケットマスク  3,500円   各種教材はこちらでご購入いただけます。
 お持ちいただくもの
水温に適したスーツ
ダイビング器材一式
スイミングゴーグル
水着
電卓
申請用写真
ファーストエイドキット
ポケットマスク
水中ノート
メンテナンスキット
病歴診断書(医師の署名入
※器材に関してはマニュアルをご参照ください。
金融機関お届け印
PADIへの年会費などの支払いが口座振替となるため必要となります。印鑑をお持ちになることが不安な方は、事前に用紙をお渡しすることも可能ですのでお申し付け下さい。
 稲取マリンスポーツセンターの万全サポート
ご予約・お申し込みフォーム お問い合わせフォーム