お問い合わせ お客様の声 サイトマップ
RSS

ライセンスの種類とランク

 ダイビングライセンスという言葉をよく耳にしたり、使われることがあるかと思いますが、このライセンスは、認定カード(Cカード)のことを指します。
 以下にPADIの認定のランクと種類を、ご参考までに記載いたしました。
ライセンスの種類

PADI スクーバ・ダイバー・コース

PADI スクーバ・ダイバー・コース 2日間で取得可能な、一定の制限のある認定です。
PADIスクーバダイバーはPADIのインストラクターが同行し、水深12m以内で活動ができる認定コースです。
コース内容も知識部分も少なく、実技講習も2日間という短期間で終えることができますので、時間の取れない方等に人気がございます。
もちろんスクーバダイバーの認定カードを持っていればオープンウォーター認定【OWD】へのランクアップもできますし、日帰り2日間の分割受講もできます。
コースの詳しい情報はこちら

PADI オープン・ウォーター・ダイバー・コース

PADI オープン・ウォーター・ダイバー・コース 一般的にダイビングライセンスを所有されている方はこのコースを終えているはずです。
バディという2名1組のダイビング活動の最小単位で、最大水深(※1)18mより浅いところでの活動が認められることになっています。
通常は実技講習3日間で取得できます。お時間のない方には2日間のコースもございます.。ある一定の条件を満たしていただくことでご参加いただける場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。
コースの詳しい情報はこちら
 

PADI】 スペシャルティ・ダイバー・コース

PADI スペシャルティ・ダイバー・コース スペシャルティには様々な種類があります。
例えば、サイドマウントや水深40mに挑戦したり、水中ビデオを撮ったり、水中スクーターを乗りこなしたり、夜のダイビングを楽しめるようになったり・・・・。
自分の好きなダイビング活動を掘り下げて学んだダイバー認定です。内容によって受講日数やダイビング本数は異なります。
コースの詳しい情報はこちら
 

PADI アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コース

PADI アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コース オープンウォーターダイバー認定の後に、楽しみの幅を広げるためのコースを受講されたダイバーの方に発行されます。
ダイビングを始めると、もう少し深く・・・とか、水中写真を試したいとか、生物のことをもっと知りたい、うまくなりたい、かっこよく潜りたいと誰もが思うはずです。
また現実的にオープンウォーターダイバーの最大水深18mでは世界中の海を堪能できる幅が狭まってしまいますのでそんなダイバーの方は是非受講してください。
コースの詳しい情報はこちら
 

PADI エマージェンシー・ファースト・レスポンス・コース

【EFR】エマージェンシー・ファースト・レスポンス・コース どなたでも受講可(ダイバーでなくてもOK)です。
ダイバーには、万が一に備えるためにも必修といえます。またレスキューダイバーコース【RED】の参加前条件ともなっていますし、リーダーシップコースの参加にも必要な認定です。

 

PADI レスキュー・ダイバー・コース

PADI アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コース アドバンスダイバー認定があり、エマージェンシー・ファーストレスポンスの認定がある方。
自身の安全性を高めたい、自分のバディのことをもう少し思いやりたい、そんな思いのあるダイバーの方向けのコースです。
トラブルを未然に防ぐ方法やトラブルダイバーへの対応方法などを学んでゆきます。
レスキューダイバーという単語に「救助」をイメージされるのは当然のことと思います。そのイメージからか、とても難しいコースと勘違いされる場合が多いようです。しかしながら稲取マリンスポーツセンターのレスキューコースは一定の規準はあるものの、参加された方が自分の技量を把握し、ご自身の可能な範囲でトラブルの未然の防止、手を差し伸べる勇気を身につけていただくことに重点を置いています。
トラブルに遭遇した時に、バディであるあなたは傍観者になってはならないのですから・・・。
いつも決まったバディがいる方や、グループで潜水される方には特にお勧めです。
コースの詳しい情報はこちら
 

PADI マスター・スクーバ・ダイバー・コース

PADI マスター・スクーバー・認定ダイバー

エキスパートの称号を手にしよう!
RED認定とSPD認定が5種類あり、潜水経験が50本以上のダイバーがこの認定を受けることができます。いうなれば「遊びのプロ」といったといころでしょうか。
ダイバーにとって必要不可欠な知識と、スキルのすべてをマスターした証である称号です。この称号を受けた日からは、真のアドベンチャー・ダイバーの仲間入りを果たすことでしょう。そして、今までのダイビング経験から生まれる余裕が真の楽しみをもたらし、新たなチャレンジの足掛かりとなるのです。 MSDはダイバーの憧れであり、ダイビング・ライフの正しい道標でもあります。急がず、着実にMSDを目指して、楽しい経験を積み上げてください。

 

PADI ダイブ・マスター・コース

PADI ダイブマスター プロのダイビングリーダー認定です。
ダイブマスターの中にはダイビングガイドとして働く方や、自分のステップアップの目標地点として仕事にしないまでもダイビングを深く知りたいといった理由で受講される方が多くいらっしゃいます。トレーニング内容も充実していますし、知識内容も豊富なコースになっています。
ダイブマスターは決して楽なコースではありません、ダイビングにおいて他のダイバーの責任も担うわけですから当然です。ただ、ダイブマスターコースを満足に終了された時、あなたはきっと、ご自身の成長を確信できるはずです。
またトレーニングを追加することで体験ダイビングの一部分を担当することも可能(※2)になります。 
コースの詳しい情報はこちら
 

PADI アシスタントインストラクター

PADIアシスタントインストラクター インストラクターの一歩前の認定です。
講習のアシスタントや一部のスキル評価、スノーケリングコース、スキンダイビングコースなども開催できますし、スペシャルティコースを開催することもできる(※2)プロフェッショナル認定です。
 

【OWSI】 インストラクター

PADI OWSI インストラクター 体験ダイビングから各レベルのダイビングスクール開催が可能(※2)になります。

(※1) 最大水深について:稲取マリンスポーツセンターではOWD認定ダイバーの最大水深を、ダイバーの方が経験した最大深度と考えアドバイスさせていただいております。

(※2) 賠償責任保険などへの加入が条件となります。